日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDFF ジョブ雑感
専ら各ジョブの性能の考察をしていきます

バフデバフの倍率の計算は他の人に任せます 大雑把には自分でもやりますが

割と辛口だし適当です マスターしてないジョブについては書かない感じで
【ジョブ名】
《固有アビリティ》
:考察
《各スキル》
:考察

…総括


【すっぴん】
《大器晩成》
他のジョブのマスター度によって能力が変わる 上昇値は不明

《しらべる》
現在HP/最大HP、弱点 を表示。初見だったり低レベル攻略するなら便利
自分のように十分にレベルあげて臨むならはっきり言って不要。

《てあて》
対象のHPを弱回復。白魔ジョブを手に入れるまでの凌ぎで それ以降は不要。

《だうじんぐ》
便利スキル。隠れた宝箱の探知に使えるのでパーティで一人は取得しておきたい。

《けんけんぱ》
便利スキル。地形からのダメージや状態異常を無効化。パーティで一人は取得しておきたい。

《あやまる》
狙われにくくなる。割とどうでもいい

《おいのり》
確率系スキルの発動率を上げる。サポートスキルならありだったけどMP消費型なのでどちらかと言えばナシ。

《MP10%アップ》
その名の通り。無くていい

《がまん》
防御up 上昇値低そうだし要らないかと

《とんずら》
便利スキル。高確率で戦闘から離脱。後半になると戦闘から逃げにくくなる。テレポでも代用可能

《JPアップ》
便利スキル。ジョブマスター目指すなら取得必須

《ふんばる》
致死ダメージ喰らっても確率で1残る。ポケモンで言う気合の鉢巻。性能が微妙な上にサポ枠3つ使うので完全に不要。

《てきよけ》
便利スキル。エンカウント率減少。重複するかどうかは不明。ダンジョン探索の際便利なのでおすすめ

《てきよせ》
便利スキル。エンカウント率上昇。ジョブマスター目指すなら割と必要。

《ものまね》
直前の行動をMP消費なしで行う。
一見有用スキルであるが、ブレイブして行動できないターンを挟むと真似できないというバトルシステムと合致しない欠点を持つ。

…ジョブによって外見が変わるので、ジョブを全てマスターした後に、旅立ちの気分を味わいに&大器晩成の効果のほどを確かめにくるのもまた一興


【モンク】
《格闘の心得》
ナックルの適正S&素手強化 サポ枠を1つしか消費しないので、モンクをサブにつけるのもあり

《剛撃》
命中率倍加サポート《ホークアイ》をつけても外したのでゴミ。

《練気》
稀に失敗するどころかダメージうけるので自分は使いません。

《内丹》
自身の状態異常回復を何でもスキル。一見有用だが、肝心の眠り麻痺魅了混乱を回復できないのでナシ

《HP10%アップ》
その名の通り。HPに不安があるならいいんじゃないですかね。

《格闘の心得》
サポ枠1つなのでなかなか。

《臥竜》
ターンの最後に強力(らしい)な攻撃。MP消費なしだが気功波に威力が劣るので序盤のみで、気功波取得以降はそれの補完程度で。

《気功波》
メインウェポン。MP消費12で倍率もなかなか。デフォルト貫通。

《暗闇無効》
素直に白魔に任せましょう。

《物攻10%アップ》
枠1つだけど上昇値微妙なので枠余ったら程度で。

《HP20%アップ》

《点穴》
防御貫通効果付きのBP1つ消費攻撃。【導師】の《節制》や【時魔】の《ワールドヘイスト》と併用しない限りは気功波に譲る。

《鳳凰翔》
現HP-1のダメージを単体に与える。代わりに自分のHPが1になる。つまりブレイブして連続で使用できないスキル サガク剣と併用するなら話は別。

《天衣無縫》
裸(何も装備してない状態)の時に物理攻撃力上昇。倍率は不明。2倍3倍上昇するなら一考の余地あり。2倍未満なら不要。

…外見が好きじゃなかったので最初はディスってたけど気功波が思いもよらずに強かったので手の平リバースしました(笑) 自分はシーフメインサブモンクで使ってました。


【白魔道士】
《自然治癒力》
戦闘終了後に毒、暗闇、沈黙から自動回復 序盤では優良スキルだが後半になればなるほど代用手段が増えてきて不要。

《白魔法Lv1》
ケアルポイゾナブラナ 

《魔防10%アップ》
上昇値低いので他に譲りましょ。

《白魔法Lv2》
《杖の心得》
《自然治癒力》
《白魔法Lv3》

《水属性軽減》
ルサルカメタ等に有用だが常時付けてるサポートではない

《天使の加護》
確率で受けるダメージが減少するだけなのにサポ枠3つは完全に産廃。ダメージ1割に抑えてくれる且つ発動率5割なら一考の余地あり

《白魔法Lv4》

《魔防30%アップ》
上昇率は高いがサポ枠3つなので他との兼ね合いで。

《白魔法Lv5》

《そのまま全体化》
全体化可能な魔法を全体化しても効力が落ちない。白魔自身にはエスナガやケアルガがあるので不要。黒魔メインなら一考の余地あり

《白魔法Lv6》

《生命保存則》
戦闘不能時に他の味方の戦闘不能を回復。回復役が一番生きてなきゃいけないのに死ぬこと前提のスキルなので論外。

…ケアルガが扱えるのは白魔だけなので絶対育てて損はないです 後に手に入れる《導師》のために取っておくべきジョブ


【黒魔道士】
《魔力共鳴》
このアビリティを所持している者の数が多いほど黒魔法の威力が強化される 
序盤では黒魔は弱いです正直 正確には黒魔道士の黒魔法が弱いのですが後に出てくる【魔人】のためにとっておきましょう

《黒魔法Lv1》
《ロッドの心得》
《黒魔法Lv2》

《火属性軽減》
火の神殿ではいいんじゃないですかね

《ダメージ分散》
優秀スキル。ダメージをおよそ半減して残りを他のメンバーで分けてダメージを受けるというもの。黒魔の耐久性が上昇するだけでなく回復役による回復効率が上がる(全体回復すると単体回復より回復量が減少するため)。但し、ダメージがカンストしてる場合(サガク剣やダークプレス等)を受けると自身が死ぬどころかパーティにもでかいダメージが行くので注意。

《沈黙無効》
白魔や黒魔は沈黙を受けると致命的なのでこれがあると安心。

《黒魔法Lv3》
《魔力共鳴》
《黒魔法Lv4》

《魔攻20%アップ》
ちょうどいい按排なので威力上げたいならお勧め 黒魔法強化の方がいいけど

《黒魔法Lv5》

《魔法防御貫通》
黒魔には無し 召喚師なら一考の余地あり

《黒魔法Lv6》

《何でも全体化》
全体化できない魔法も全体化 デスやデスペルを全体化できるのはなかなか


…弱いって言ったけどサポは強いです 気軽に全体にダメージ与えられるという点や物理反応系の反撃を喰らわない点で、消費MPが高めなのは他ジョブとの兼ね合いの上で仕方のないことなのかもしれません


疲れたので今日はこの辺で 10/19
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。