日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドドドドラグ
聖刻の決闘は素晴らしかった!

速度も!イラストも!

だがしかし!









Ⅳ 名言



そういうわけです

なので私はドラグニティを組み始めました。

基本はスタダ+バックの要塞型、場合によってはワンショットも狙える柔軟なデッキ。

特にインゼクターに対してはスタダ+暗闇ミラーによって封殺に近い状態になります。

ちなみになんで聖刻が微妙かというと、


・虫に比べてアドを取る手段が皆無

・手札誘発による妨害が多い

・高価

そんな感じです。

ワンショット失敗してバック薄い状態で相手にターン渡すなんて心臓によくない。


で、ドラグニティ。

ランク6が充実してきたことにより、ミスティルが台頭。

その優秀さゆえに、ヴェーラーのケアが容易な点がテーマ採用に至った大きな要因です。

勿論、嘗ての私が愛用していたデッキでもあります。

渓谷による毎ターンの攻め手の供給、

ドゥクス1枚よりレベル8シンクロ、ゼピュロスやミスティルと併用することによりこれにランク6のモンスターを追加することができる攻め手の幅の広さ。

一本道でない、様々な勝ちパターンがあるこのデッキに再度惹かれました。

こう聞くと強くて魅力的に見えますが、

実際回してみると、渓谷テラフォがこない、奈落警告ヴェーラーで止まる、と言った欠点が浮き彫りになってきます。

特に、奈落警告ヴェーラー等の妨害札1枚で止まる点は困りものです。

ミスティルや蘇生を絡めない限り基本的に展開は1回限りになってしまうので、召喚権を非常に大事にしていきたいデッキでもあります。

現環境においてこういうタイプのデッキは非常に珍しいと言えるでしょう。虫も聖刻もラヴァルも大体特殊召喚が豊富なので。


構築に関してですが、


現在推敲中です。


確実に言えるのは、


ミスティルは6枚積みたいです。



おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。