日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境激変とか
どうも今月に入って運気急下降中です

オフ前日に急に召集かかっていけないとか死んでいいよホント



新制限改定出ましたね。

注目は

・大嵐⇔ハリケーン

・開闢復帰

・ぶん回し系の壊滅

・代行天使ノータッチ

こんなとこでしょうか。


大嵐復帰に加えて、サイクロンも無制限に戻ってきて、

メタビは完全に(笑)状態ですね。

そんな中でも私はTGを回していきますよと。


TG考察したいと思います 追記から

【TG】
アニメでもブルーノが使用していて発売当初はなかなか人気のあったジャンル。
数多くのパワーカードの陰に隠れて日の目を見なかったが、様々なデッキにTG3種+TG-EM1を組み込むという形式が最近流行しつつある。
TGガジェ等成績を残しているものも数多い。

《TG ストライカー》
特殊召喚できる☆2地属性チューナー。
共通のサーチ効果も内蔵しており、なかなか使い勝手の良い1枚。

《TG ワーウルフ》
敵味方問わず☆4以下の特殊召喚に反応して手札より特殊召喚できる闇属性モンスター。
ストライカーと共にワンダーマジシャン・パワーグラディエイターの素材になれるので採用必須。

《TG ラッシュ・ライノ》
攻勢時には攻撃力2000となかなかの打点。
地属性なのでストライカーと共にパルキオンになれるのが優秀。

《TG ワンダー・マジシャン》
シンクロ召喚成功時に相手のバックを1枚割ることのできるシンクロ。
さらに、破壊されると1ドローというアドの塊。
シンクロチューナー特有のアクセルシンクロ効果も持ち合わせる。


こんなとこでしょうかね。
ライブラはTGというジャンルに限らず幅広く活躍しているのでここでは挙げず。

さて、TGを活躍させようというのが私のモットーなので、
サポートに徹する系の代行TGとかは使いません。
ではどのようにしてTGを生かせばいいのか。

①スキルドレイン
上記3種の効果は、ラッシュライノの攻撃力上昇を除いて全てスキルドレインをすり抜けることができます。
近年効果モンスターが強力になってきている関係上、これらのパワーカードを封じつつこちらは本来の動きを行えるという戦術。
しかし、大嵐解禁、サイクロンの完全緩和により安定性が減少。
もとより私自身スキルドレインが嫌いなので採用の余地なし。

②シンクロ軸
ストライカーSS→ワーウルフSS  により召喚権を温存したまま☆5をシンクロすることができます。
また、ストライカー→ワーウルフ→ブレイカーSSにより相手のカードを割りつつトリシュまで繋げられたりと非常に柔軟な動きを見せてくれます。
TGはシンクロ妨害札そのものに強い傾向があるので、自身の効果でそのリカバリをしてくれる点も優秀。
私はこれを軸にデッキを組みたいと思います。

ではどのように組めばよいのか。
まずは上述の、アドの塊を称した《TG ワンダー・マジシャン》。
相手の魔法罠を除去しつつ破壊されれば1ドロー。つまり、召喚に成功した時点でアドが確定します。
故に、これをシンクロすることを重点的に考えるのがベストでしょう。
そこで考えなければならないのが、《神の警告》。
弾圧が禁止となった今、こいつが一番厄介です。なのでまずはこれの対処をしたいですね。

・無効化
七つとかカウンター罠で抑え込むのが最も安全ですね
ただ、サイク等で割られる危険性もある上に伏せるラグがでかすぎます。

・先に警告を撃たせる
警告を誘発すれば後続で安全にワンマジを出すことができます。
2枚握ってたら知らん(ぁ
警告を誘発する代表的なのは黒薔薇ですかね。
なんで黒薔薇を、消費を少なく出せる手段が欲しいですね  デブリは却下


まぁ僕自身まだ考察し終わってないんでこの辺で中途半端ですけど終わりで(
またなんか思いついたら書きます
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。