日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らヴぁるばるばるぐーん
ラヴァル極めることにしました。

ドラグは無理

ドラグが弱い理由は
①渓谷依存症
②モンスターの少なさ
③渓谷を手札に引き寄せるカードの存在

まずドラグの長所ともいえる《竜の渓谷》。手札を切ることでデッキからドラグをサーチできるアドバンテージカード。
これの存在によりモンスターを少なく抑えてもデッキが回るので、バックを積みやすく非常に強力な布陣を築きやすいです。
しかし、現環境ではモンスターを少なめにしてバックをガン積みすることが普通になり、モンスターの召喚に対応できるカードも増え、非常に生きづらくなりました。
まず、墓地からチューナーを釣るカードが、ドゥクスとレギオンの2種類のみ。計6体。
非常に少ないです。モンスターを少なくしてバックを多く積めることはとても良いことですが、この少なさは逆に自らの首を絞めかねません。
今では《神の警告》を始めとして数多くの召喚妨害罠、シンクロ妨害札が増えてます。ドラグ側としては非常に展開しにくいです。
なので私の構築では、《盗賊の七つ道具》は必須カード、《禁じられた聖槍》も可能な限り積むようにしてました。
一応これである程度は対処できていました。さすがに展開妨害札を相手が都合よく引けるとも限らないわけですし、プレイングで他はカバーできていました。

しかし問題はここで留まりませんでした。
その原因は【暗黒界】。
フィールド魔法《暗黒界の門》、《暗黒界の龍神 グラファ》等のパワーカードの登場により、大幅に強化される暗黒界。
それに対抗するべく動き始める環境。その結論が、「置物割り」。《サイクロン》や《砂塵の大竜巻》です。
これは我らが《竜の渓谷》もメタ圏内に入っており、ドラグは壊滅的状態。
さらにバックは《暗黒界の雷》で対処されやすく、フリーチェーンの砂塵が非常に重宝されている中で、
召喚妨害札を阻害するためにバックのスペースを割いてきたドラグにとって砂塵は愚か、サイクロンを積むことさえ難儀。
サイクロンは無理やりねじ込みましたが、正直砂塵までは無理。
というより、サイクロン入れてからいい感触を得られず。正直 弱い。
さらに、渓谷を引き寄せるためのカード、《テラ・フォーミング》。
渓谷依存なので必須カードなわけですが、正直これのスペースが勿体ない。
初手で渓谷テラフォテラフォとか被ると遣る瀬無い。負け必須。

故に、ドラグニティは現環境に適応しきれていないテーマデッキと結論付けました。
なので別のデッキを模索することを決意。
第一に考えたのが【代行天使】。
アースがエアーマンぽいので非常にアドを取りやすくて、エクシーズもできるしなかなかいいんじゃないかと思っていたが、
周囲の人たちの多くが既に使っている状況、二番煎じであり新鮮味に欠ける。
最初はやる気満々だったけど次第に気力がそがれていきました。

そして【ラヴァル】に辿り着きました。



モンスター(17枚)
ラヴァル炎樹海の妖女
ラヴァル炎湖畔の淑女×2枚
ラヴァル炎火山の侍女×3枚
ラヴァルの炎車回し
ラヴァル・ランスロッド
ラヴァル・キャノン×3枚
フレムベル・ヘルドッグ×3枚
ヴォルカニック・ロケット×3枚

魔法(14枚)
封印の黄金櫃×3枚
増援
真炎の爆発×3枚
死者蘇生
月の書
ブレイズ・キャノン×2枚
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(9枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×2枚
砂塵の大竜巻
激流葬
炎塵爆発



暫定的な私のデッキです。

まずラヴァルは、《ラヴァル炎湖畔の淑女》の存在により相手のバックを、墓地を消費するだけで割ることができます。
即ち、アド損無く淑女を墓地に遅れた場合に限り(戦闘破壊やおろかな埋葬を用いた場合は等価交換にしかなり得ない)相手のバックをはぎながらこちらの展開を通すというアドを生み出せる優秀なカードです。
ただし、初期は3積みしていましたが使っていた感触から、淑女の効果を使えるのはせいぜい2回、と感じたので2枚に減らしました。
そして、相手のバックを消費なしで削ることができるので、高打点によるビートが通りやすいです。
なのでロケットやヘルドッグを3積みです。ヘルドッグはデッキから幼女を持ってきてバルグーンを作って淑女を送れる優秀なカードなので、これを通せばほぼ勝ちでしょう。
ロケットは、手札に来てしまった幼女淑女侍女を処理できる《ブレイズ・キャノン》を持って来れるモンスターです。
召喚できればデッキ圧縮ができる点、攻撃力1900の高打点ということから採用できるでしょう。

また、ランスロッドも優秀なカードです。19打点を越えられ、ローチをつぶせて、さらに破壊されれば除外ゾーンからモンスターをサルベージできます。
そもそもラヴァルは、《ラヴァル・キャノン》の存在により除外には強い(無差別除外はこの限りではない)ので、キャノンを握っていればどんどんランスロッドを出していけます。
なのでホントは2積みくらいしたいのですが、今1枚しか持ってないので( 3積みはさすがにスペースがないので自重。

また、《炎塵爆発》は非常に強力な全体除去カードですが、とても扱い辛いです。なので私は1積み。

警告対策に七つ入れたかったですが、それより暗黒界が気になるので砂塵を優先。

とりあえず現段階ではまだ煮詰めている途中です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。