日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非公認結果とデッキ考察

非公認トナメで1回戦敗退です

理由はスキドレバルバレーとかいう地雷に当たったことと手札事故です。

【ドラグニティ】
1戦目:初手に渓谷とテラフォ 相手への干渉札1枚 
調和の宝札からごーけん→ダスシュを加えるもスキドレ、バレー、そしてsinサイエンのオンパレードでじり貧になって圧殺される

2戦目:初手渓谷テラフォドゥクスドゥクスファラファラ  殺意が湧いた 


後攻で生け贄やられてスキドレに対しての七つに七つ sinサイエン湧いて負け



まぁ要するに効果封じされると、アキュリスもレギオンも機能しないから除去ができない GBA単騎待ちとか辛い

初大会デビューにこんな地雷で洗礼受けるとやる気なくすわマジで

てーことで、スキドレバルバが大嫌いになったわけですが、同時にドラグに弱点も考察していこうかなと思い立ったわけです



ドラグニティの優秀なところは主に、

・ドゥクス1枚から☆8まで出せる
・召喚権消費のカード消費なしで最大2枚まで割れる

この二つに尽きます。

逆に言えば、これを阻害されればドラグは止まるわけで、使う側としてはその妨害を阻止しなければなりません。

今までリアルでは数えられるほどしかしてませんが(エタバはオワコンなので除外)、大体弱点としては、

・聖杯やヴェーラー等の効果無力化(スキドレもこれに含む)
・警告や奈落等の召喚妨害系
・墓地干渉阻害カード(バレー、クロウ等)
・素における打点の低さ
・シンクロ妨害札(月の書)


ですね。基本はスタダ出してバックがん伏せするのですが、言うて攻撃力2500なのでゲイルに殴り殺されるし聖槍あるとラクエルでも死ぬんでやはり打点は肝心ですね。

故に、
・聖杯や奈落、月の書、スキルドレインも(一時的に)回避でき且つ打点の低さを補える《禁じられた聖槍》
・警告奈落等の召喚反応型全般に対応でき、現在の罠環境にもマッチしている《盗賊の七つ道具》
・手札誘発関連を無力化できる《透破抜き》

この辺りですかね バレーはフィールド魔法張替えでなんとか対応しましょう

透破抜きはクロウやヴェーラーの他にも、1キル時の妨害札である《冥府の使者 ゴーズ》にも有効だしありじゃないかなーと思っている。バーミリオンに撃てばそれだけで1アド取れるし


あとで加筆するかも
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。