日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まるの反対は走る
試験二日目終了です
終わった後の感触からしてどれも大きなミスは犯してない模様

1日目:数学Ⅲ
確率多すぎ
しかも過去問よりはるかに難しくなってるし
過去問をやってたときは、計算ミスとか公式の覚え間違いとかでのミスが多かったのに、
今回の試験は、問題文の意味すら理解できないという
まぁ平常点20点あるし、40点は取れてるでしょう 重積分4/2~3は取れてるし、推定検定もまぁまぁの出来だったし

二日目:MCB

氏ね

MCBのテストは、選択20問と記述4題で、
選択が、範囲が広い(12章くらい)なので予め問題文が公開されているので(といっても、章の題名そのまんまの問題だったり 例)『第24章免疫 免疫に関する記述で正しいものを選べ』)、
まぁある程度の対策はし易いんですが、
今回の難易度は半端じゃなかった。
過去問の4倍くらいムズい。
特に、冬休み前に講義した教師が、「ここでるよ」とか言った問題が出なかったのが頭来る
パチこいてんじゃねーぞw まぁ忘れてるんだろうけどさw どうせやる気のない教師ばっかりだしなー
しかも、問題文がやたら難解な日本語(専門用語)を多分に含んでてやる気失せた
選択肢一つで4行とか意味不明www お前空気読めなさすぎwww
以前も書いた通り、一章ごとに一人の専門教師が日吉に来て講義してくれるんですけど、
専門的過ぎて訳分からん 
友達が「これ他大学の医学部5年生が解けるのか?w」って言ってた 確かに難しい
てーかエキスパートが多いんだよなうちの学校 講義というより独り言、自己満に近い状態
今回の問題がそれを物語っていましたね。
それとも、出席を代返したり出席表をコピーしたりして改竄していたのがバレたことが原因か
私じゃないですよ(
しかし、以前ブログにもかいた、あの「万能細胞」(厳密には多能性細胞)の岡野教授の問題が神(めっちゃ簡単)だったから許すww
レジュメまんますぎて笑ったww
しかも問題文が、「次の中でp53に関係しないものはどれでしょうか?」
どれでしょうかwwww親近感湧くwww
それなりに出来はよかったはず ATP合成のプロセスを説明する記述はほぼ完ぺきにかけたはずだし
前回50点だから、今回70点以上取る必要があるんですが、まぁ大丈夫でしょう 出席点20点はあるはずだし
てかあの糞教授の問題晒し上げt(著作権違反





試験終わって少し皆と勉強して帰って、甘いものが食べたいと思いミスドに行ったんですけど、
そこに居た親子連れが

親「『膨らむ』の反対は?」
子「忘れた―」
親「なんで忘れてんのよ!!さっき教えたばっかでしょ!!『しぼむ』よ、『しぼむ』!!ちゃんと覚えなさい!!」

何この人www何キレてんすかwww
スパ・・ルタ?wwwwwwwww
面白い教育だwww
で、

親「『止まる』の反対は?」
子「『うごくー』」
親「違うでしょ!!!『走る』よ、『走る』!!」


心臓が止まる⇔心臓が走る
指が止まる⇔指が走る

wwwwwwww
歩くの反対は何ですか って聞きたいwwww
そもそも動くであってるだろwww
子供にそこまで狭義的な定義を教えたがるとは頭堅い親だなぁwww てか阿呆だw
ドーナツ食べに来てまでそんな事やらされるなんてカワイソス



あ、あと、クエスト『孤高の旅人』もやってきました
やっと第三階層クリアだよ…疲れた;
氷河の鉄杖でゼラチン2体と挑んだ時はどうなるかと(
専用ページで写真うpします
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。