日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己を知り己を高めよ~アグノム育成論~
なんとなく育成論作ってみようかなと
三日坊主になりそうですが
i_agunomu.gif

【種族名】
アグノム

【種族値】
H 75 A 125 B 70 C 125 D 70 S 115

【特徴】
素早さに秀でている上に攻撃特攻共にトップクラスの能力を有しているので、純粋なアタッカーとしての運用に期待できる。
ただ、メインウェポンとなるエスパー技:サイコキネシスの威力が90と控え目なものになっているため、
ヘラクロスやメタグロス、ボーマンダといった超火力アタッカーに見劣りしてしまうだろう。
持ち物で補強するもしくは技の豊富さを生かした構成をとることによりアグノムの能力を存分に生かすことができると思われる。

【技考察】
・サイコキネシス 威力90 命中100
メインウェポン タイプ一致により135まで威力が上昇。

・大文字 威力120 命中85/火炎放射 威力95 命中100
エスパータイプでは覚えることができるレアな技
サイコキネシスとの相性補完が絶妙で、攻撃範囲も良好。

・雷 威力120 命中70/10万ボルト 威力95 命中100
前述した二つの技をなんなく受け止めるスターミー、ヤドキング等に有効な一手。
ただし、ピンポイント過ぎるのが欠点。

・シャドーボール 威力80 命中100
雷と同じ理由で、エスパー全般に有効。
悪にはいま一つなのに注意

・草結び 威力不定 命中100/エナジーボール 威力80 命中100
ラグラージドサイドンミロカロス等に有効
スターミーヤドキング等にも抜群でダメージが入るのが魅力的
使うならば草結び

・シグナルビーム 威力75 命中100
虫特殊技。混乱付与あり
エスパーと悪の弱点を同時に突ける

・めざめるパワー 威力不定 命中100
技の範囲補完なら氷、ヒードラン、ヘルガー等への奇襲なら地面、格闘といったところか

・トンボ返り 威力70 命中100
エスパー&悪全般に有効
交代際に打つことで後続に繋げられる

・大爆発 威力250 命中100
1対1交換が可能な技
ハピナスカビゴンに当てることで、後続の特殊アタッカーを動きやすくできる

・思念の頭突き 威力80 命中90
物理エスパー技
物理型は連想しにくいので、アリ

・冷凍/雷/炎のパンチ 威力75 命中100
物理型といえど、大文字の方が威力が上だったりと日の目を見ることの少ない技。
冷凍パンチが唯一表舞台に出られる技か

・悪だくみ 威力- 命中-
特攻2段階上昇
決定力に大幅に貢献できる アグノムをメインに据える場合はオススメできる

・挑発 威力- 命中100
相手の補助技を封殺
先発としての起用の場合、相手のステロ撒きを封じる可能性も有り

・ステルスロック 威力- 命中-
味方の決定力補佐&役割遂行&相手の交代牽制
何かと便利

・電磁波 威力- 命中100
相手を麻痺状態に
自身の素早さ故にそこまで有用かどうか疑問

・光の壁/リフレクター 威力- 命中-
それぞれ、特殊技/物理技の被ダメージを半減。
トンボ帰りや大爆発と絡めてサポートに使えるか…?

・トリックルーム 威力- 命中-
素早さを5ターン逆転
元が速いので、トリル後のトンボはほぼ後攻になる 故に捨てる気で行くならアリ…?

・トリック 威力- 命中100
持ち物交換。
相手にとってデメリットになる物を贈ることが求められる

【型紹介】
といってもテンプレだが

・特殊アタッカー
努力値CS252@決定力上昇系・襷
サイコキネシス 大文字 選択肢 選択肢

持ち物や選択肢はパーティと相談して決めるとよいだろう

・先発
努力値CS252@襷
ステルスロック 挑発 選択肢 選択肢

基本的にステロを撒くor挑発で相手の動きを封じることが目的。
最近では先発にステロ撒き要員を据えるパーティは少なくなってきたが、
それでも素早さ故にアドバンテージを取りやすいのが長所。

・物理アタッカー
AS252@決定力上昇系
思念の頭突き トンボ帰り 大文字 選択肢

私は選択肢にトリック入れて鉢巻持たせて運用させていたが、
バンギry

【役割】
攻撃力が高いと言えど、場に出られなければ意味がない
アグノムは、攻撃力と攻撃範囲こそ評価が高いものの、その耐久の低さと耐性の少なさから降臨する機会が少ないのが難点である。
故に、身代りバトンや後攻トンボ返り、特性:浮遊を活かした地面技読みでの降臨をすることにより攻撃回数を稼ぐことが必須であると言える。
降臨機会が少ないことから、その機会をふいにしてしまうトンボ返りは罠技だという人も多いが、
苦手な悪タイプやエスパータイプの弱点を突いて味方の降臨に繋げることのできるトンボ返りはやはり優秀であり、
一貫性という観点から見ても有用性の高い技であると言えるだろう。
故に、アグノムは補佐役でもあり補佐対象でもあるポケモン、中継ぎ的な位置づけを成している言えるだろう。
メインに据える場合は前述の通り、悪だくみを仕込むとよいだろう。


君はこの育成論を参考にしてもよいし、参考にしなくてもよい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。