日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の未来は…
サボってました(ぁ
夏休みの宿題は最初からこつこつとやっていかないとだめですね^^;
ところで、昨日の夜ですが









福田首相辞任
知ってると思いますが、今日はこれについて語ってみようと思います。
批評っぽいかもしれないので、苦手な方は閉じちゃってくださいな(
まず、ほとんどのコメンテーターの方が仰っていることを私も言わせていただきますが

今回の辞任、内閣総辞職は

政治放棄ですよねぇ~(ぁ

どんなに言い訳したって無駄ですよねぇ~(黙

まあ確かに福田首相…もう「元」がつきますか^^; この人もこの人なりに頑張ってくれたと思うんですよね
ですが、その政策も空回り…

「道路特定財源の一般財源化」
道路特定財源とは、簡単に言うと、道路の整備や自動車に関することに使うために確保された税金 ですね。
詳しくは調べてください(すみません;;
で、それを全部使わないと、次の国会の予算案を決める段階で、道路特定財源が減ってしまうので、
それを 

何故か 

使わないと勿体ないと勘違いする方が多いようで

どうでもいいところにつぎ込むわけですね

無駄遣いするわけです

私たち国民から集めた貴重な税金を

だから、そういう無駄遣いを無くすために、一般財源化…つまり、余ったお金を道路や自動車関係に限らず別のところに使えるようにしたんですね

ですが、それがメリットに繋がるかどうかは分からず
しかも、一般化は進まずに、暫定税率が復活して、ガソリン代はそのまま高騰
正直、道路特定財源が本当に必要なのは、道路の整備が進んでないところだと思うんですよね
宮崎県の東国原知事も、宮崎には道路の整備が必要だとどっかの番組で仰っていました。
まさにその通りだと思うんですよね。
首都圏以外の地域を置き去りにして何が国民の代表だ。

と、話題が逸れましたが、とりあえず、道路特定財源の一般財源化も正直どうかとおもうんですよね。
それを元福田首相は自信ありげに、「国民目線の改革」と名付けて自らの業績をアピールするのはどうかと。

さらに、自身が辞任するときの言い訳についてですが

「国民に迷惑をなるべくかけない時期を選んで、結局この日(9月1日)になった」

と言っていますがねぇ…

では、国民がどのように迷惑を被るのか具体的に聞きたいですねぇ
国会中に辞任されたところで、
日本全体がパニックに陥るわけでもなし
食べ物がすべて消えるわけでもなし
交通機関が一斉にストップするということもなし
ぶっちゃけ電車とか止まってくれたほうが学校休みになるし嬉しいという(自重
というわけで、実質的に被害を被ることはあまりない気がするんですよね。
それなのに「国民のために」などと言われると…
なんか私たちをいいように利用されている気がしないでもないんですよね
自分が辞任する理由を正当化するために「国民」という言葉を使うのはどうかなーと思います。
それより
「私には首相を務める能力がないことがわかったので退かせていただきます申し訳ありません」
みたいな感じで言ってくれればより潔くて国民に対するイメージも上がると思いますね。
実際、世論や支持率から見ても元福田首相は国民からそのように見られているわけですし。


てなわけで、今回はこれくらいにしないと;;
まだ夏休みの宿題が終わっていないという(ぇぇ
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。