日常 心情 思うままに書き連ねた らのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜降りし晦日
霜月、即ち11月も今日が最後です 
待っているのは12月 そして2010年…
時が流れるのは早いものですね
入学して新たな見聞を広めることを望まんと希望に満ちていたあの日が懐かしいです。
昨日のように感じられる…というわけでもないです。
むしろ高3の推薦発表の日が遠い昔のように感じられます。
それだけ充実した日々だったということを示唆しているのでしょうか。
確かに春学期はとても充実してましたが、秋学期は色々と怠慢癖が表に出始めて、
その結果があれですからねぇ
ちゃんとやるべきことはやらなければいけません。
他人の言葉を当てにして楽しようなんてそんなに世の中うまくできてはいませんね。
これからは自分で考え、行動することを心掛けようと思います。
医学部に居る以上、勉強することが本分であるが故に、日々勉学の怠ることの無いよう努めなければなりませんな。
そうでなければ医学部に居る資格なし。
親にそう言われたことを今になって思い出しました。
大切な言葉って、初めのうちは表面だけの綺麗事だって思うようでも後になってその重要性に気づくものなんですね。
今回のMCBの試験結果を見てそう思いました。ちなみに落第。
先輩に素楽だからという言葉を信じて準備を疎かにしたのが今回の要因。
医師の過程において楽な道などないということをしみじみと実感させられた今回の試験でした。

とても大切なことを学びました。
かつて無いほど遊んで、試験前だというのに遊んで楽しんで、その結果このように痛みを味わったわけです。
私という人間はそのように痛みを味わわない限りは反省というものをしない人間なので、とてもいい経験になったことでしょう。
確かに私は昔から遊ぶことの少ない人でした。
しかし今回このような事例を通し、遊ぶ時には遊ぶ、勉強する時にはするというメリハリさを身につけることが如何に重要であるかということを、
言葉ではなく肌で感じ取ることができました。
大学になって今さら?かと思うかもしれません。
ですが、遊ぶことをあまりしなかった私にとっては、成績が上位であることが当たり前、の日々が大学に入るまでずっと続いていました。本当に勉強漬けの日々、辛かったです。
ですが、今回は遊ぶことの愚かさを知り、勉強の大切さを知りました。その間に存在するのは、文武両道という言葉通り、遊び学びという匙加減です。
さらに、学びにおいては、成績のためだけに勉強してきた私でしたが、大学に入ってからは自分の知識をはるかに凌駕する領域の学問と出会い、逆に「制覇してやる」と意気込んだ結果、数多くの人が落とした数学を通すことができました。
これも、自分の中にある向学心が目覚めたおかげだと思っています。
この心を忘れ、遊び呆けた結果が今の自分です。おそらくドイツ語も酷い点数になっていることでしょう。
自分の立場を知り、何をすべきかということを認識し、その道をまっすぐ突き進むことが今の自分に大切なのではないでしょうか。
勉強だけではない、遊び呆けるのでもない。やはり中庸が良いんです。これは良い人間を育てるという目的においても真価を発揮すると言えるでしょう。


とてもとても大切なことを学ぶことのできた2009年11月30日。お別れです。ありがとう。(11:58)
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

で? っていうwwww
マリモ | URL | 2009/12/01/Tue 10:57 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © らのlog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。